読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インポテンツになったらまず原因を知ろう

インポテンツになったらまず原因を知ろう

インポテンツのタイプは大きく3つに分けることができます。まず心因性インポテンツです。日常のちょっとしたことにストレスを感じることが原因です。多くの場合、自分で心当たりがあるのでカウンセリングや薬の服用で改善します。また日常生活にはストレスを感じないが、幼児期のトラウマなどが勃起に影響していることもあります。五夜神深層心因といって無意識の世界に原因があるので、原因を探るまでに長い時間がかかります。次は器質性インポテンツです。まず加齢が考えられます。年をとるにつれて血管や神経に障害が起こることが原因です。中高年になっても勃起力を維持するためには、生活習慣を改善する必要があります。治療は80歳を超えても可能です。次に生活習慣病が引き起こすこともあります。例えば陰茎を通る部分で動脈硬化が進むと、十分な血液が送られないのでインポテンツになります。動脈硬化を引き起こす糖尿病や高血圧症、高脂血症などは注意が必要です。また正常な勃起には神経が重要です。神経には中枢神経や脊髄神経、末梢神経がありますが、黒蟻王性的刺激は神経を通って脳に信号を送ります。よって一つでも神経に不具合が生じると、脳に刺激が届かなくなります。脳出血や脳腫瘍、パーキンソン病などは、インポテンツの治療も併せて行う病院もあります。さらにかつては、前立腺がんや膀胱がんの摘出手術でも、陰茎海綿体の血管や神経を損傷してインポテンツになる恐れがありました。最近では勃起機能を残す方法を導入している病院が多いです。そして薬剤性インポテンツです。服用している薬が原因です。中枢神経や末梢神経に作用する薬や循環器系に作用する薬、消化管に作用する薬が知られています。